王慈会一般事業主行動計画(第一期)


職員が仕事と子育てを両立し、持てる能力を最大限に発揮して働ける雇用環境の整備をするため、次のように行動計画を策定する。


計画期間

平成25年5月1日~平成35年3月31日までの10年間


内容

目標1:育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備

< 対策 >

平成30年4月~  職員へのヒアリング・周知

育児休業後における現職又は現職相当職への復帰のための業務内容や業務体制の見直し


目標2:育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知

< 対策 >

平成30年4月~  制度に関するパンフレットの作成・配布

 

目標3:若年者の対するインターンシップ等の就職体験機会の提供、トライアル雇用等を通じた雇入れ、適正な募集・採用機会の確保その他の雇用環境の改善又は職業訓練の推進

< 対策 >

平成30年4月~  職員へのヒアリング

平成30年5月~  実施


平成30年6月30日を以て第一期の行動計画を終了する



王慈会一般事業主行動計画(第二期)


職員が仕事と子育てを両立し、持てる能力を最大限に発揮して働ける雇用環境の整備をするため、次のように行動計画を策定する。


計画期間

平成30年7月1日~平成32年6月30日までの2年間


内容

目標1:計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。

●男性職員・・・取得率を7%以上にすること

●女性職員・・・取得率を80%以上にすること

< 対策 >

平成30年7月~  職員への周知

男性職員も育児休業を取得できることを周知するため、管理職を対象とした研修を実施し、対象者を把握した場合は、制度の周知